安全で簡単に美しく

注射器

筋肉が原因の悩みを解消して前向きに

切らない美容整形として注目されるボトックス治療は、注射だけの施術内容で手術した場合と同じ美容効果を得る事ができます。治療内容は手軽で簡単、そして安全と言われていますが、それを裏付ける背景はあるのでしょうか。ボトックス治療はボツリヌストキシンと言う薬剤を注入します。このボツリヌストキシンはボツリヌス菌から抽出した天然のたんぱく質です。食中毒の原因菌で知られていますが、注入する事で脳から筋肉への伝達物質を阻害する効果により、筋肉の過度な緊張を和らげ症状の改善を図れます。注入する量は食中毒発症すると考えられる量の100分の1程なので、治療を受けても食中毒の様な副作用は発症しません。この薬剤の安全性は世界中でも認められており、日本でも厚生労働省が2009年に副作用がない事を認めています。認められている背景には、そもそもボツリヌストキシンが美容医療で使用される前から、医療現場で痙攣や麻痺等の治療に使用されていたからです。ボツリヌス療法として保険適用治療として認められており、検査も長年行われ臨床データも豊富であり安全性も証明されています。それが美容医療に転用されたので、薬剤自体に副作用やリスクはありません。治療内容も注射するだけで、針も非常に細いので傷跡が残る心配はありません。美容目的でボトックス治療を受ける際は、疾病の治癒目的ではないので保険は適用されず全額自己負担にはなります。

ボトックス治療はしわの改善や脚・顔痩せ効果があります。万能薬ではないので、特徴としては筋肉が原因で起こる美容上の悩みを解消するものです。しわができる原因の1つに表情筋が過度に働く事が挙げられます。表情を作る際は皮膚が引っ張られたりするので、その表情を作った後に残る跡が重なり目立つしわとなり現れます。過度な表情筋の緊張をボトックス治療で緩和する事で、しわの改善や今後作られるしわの予防に効果を発揮します。ダイエットしても部分的に痩せない事があり、脚や顔が大きく見える要因には筋肉の発達が考えられます。筋肉太りとも呼ばれますが、特定部位の筋肉のみを落とす事は困難です。特に脚は移動の際使用し、顔が大きく見える要因であるエラの咬筋は食事の際に使用されます。避ける事は生活を営む上で困難ですが、普段通り使用しながら筋肉を小さくする事がボトックス治療にはできます。筋肉への信号を遮断し筋肉が過度に緊張する事を抑制するので、使用を抑えていると同じ効果を得られ、徐々に筋肉が小さくする事ができます。筋肉は様々な部位と連動しているので、治療を受けたからと言って食事ができなかったり動けないといった副作用はありません。その希望する部位の活動を抑えても他の部位と連動し筋肉は動くからです。普段通りの生活を送りながら身体に負担や副作用を与えず安全に部分痩せできる治療方法です。

Copyright© 2019 症状を把握しておけばいざという時に役立つ All Rights Reserved.